作 法    兵吉屋
出陣式
 出陣式において、まず大将(候補者)が武装して、南(又は南東)
 に向かって 床机(椅子)に腰を掛ける。 
 式次第は軍師(後援会長)が取り仕切る。 
 左右に一族(家族)や重臣(幹部)があぐらをかいて居並ぶ。
 大将の前に武装した家臣・陪膳役(事務局長)が肴組の三宝を
 ささげて大将の前に置く。
 大将はまず打ちあわびをつまんで口に入れる。
 長柄役(選対幹部)が盃に三度に分けて酒を注いだのを
 三度に分けて飲み干す。
 次にかち栗をつまんで口に入れ、二の酒を同じようについで
 もらい飲み干す。
 次に昆布を口に入れ、同じく三の酒を注ぎ飲み干す。
 この行為を一献二献三献という。
 「一に打ち鮑、二に勝栗、三に昆布」の順に食べる。
 
敵に打ち、勝ち、よろこぶ!!と気合を入れて口にする。
 さて三献済んだところで、盃を持ったまま立ち上り一、二歩あゆみでる。
 頭上に振りかぶり地面に叩きつけ盃を割る。
 次いで大将が弓と軍扇を持ち、軍扇を広げ『エイエイ!』と声をかける。
 一同それに呼応し『オー!!』と鬨の声を上げる。

帰陣式・凱旋式
 勝ちて帰りこれたときは、一に勝栗、二に打ちあわび、三に昆布の順に食べる。
 「敵に勝ち、家(うち)、よろこぶ(昆布)」のである。

     ※作法には、時代や伝わり方、その地方の風習などさまざまあります。
     参考までに、一般的なことをお書きいたしました。
                     (大将・候補者)側
             三献の儀一式 打ちあわび(熨斗)・かちぐり・こんぶ
             左上が昆布、右上がかわらけ大中小
             左手前が勝栗、右手前が打ちあわび
あわび のし アワビ 熨斗 鮑 あわび のし アワビ 熨斗 鮑 あわび のし アワビ 熨斗 鮑 あわび のし アワビ 熨斗 鮑 あわび のし アワビ 熨斗 鮑 あわび のし アワビ 熨斗 鮑